マドゥルガーダのロゴマーク

ラテンジャズビッグバンド  オルケスタ・デ・ラ・マドゥルガーダ

LEADER

バンドリーダーの半身笑顔の写真

寺田雅章 TERADA MASATOSHI

作・編曲 / 指揮

1963年生まれ。5歳でバイオリン、10歳でピアノを学ぶ。
中学校でトランペットと出会い、秋田耕司氏、戸部豊氏に師事。
武蔵野音楽高校に進学、様々なジャンルの音楽を体験し、今日の音楽的な基礎を築く。卒業後はプロとして音楽活動を開始、ファンクバンドやジャズバンドなどに参加。
1988年、ラテン・ビッグバンドの雄「有馬徹とノーチェ・クバーナ」にトランペットプレイヤーとして入団。
'05年からは同バンドでコンサートマスターを務めると同時に、作・編曲も手掛け作品を提供、好評を博す。
'06年12月、「ノーチェ・クバーナ」を退団。
’07年2月、「Orquesta de la MADRUGADA」を結成。
以降、作・編曲活動に専念する。
'11年、UFC(フロリダ中央大学)ジャズ科のワークショップに10曲余りのアレンジを提供。
'14年3月、小椋佳氏主催のコンサートに12曲のビッグバンドアレンジを提供。
ジャンルを超え幅広く活動している。
 

指揮をしている寺田雅章

Orquesta de la MADRUGADA

レパートリー全ての編曲と指揮を担当。オリジナル曲も多数。
ベルミュージックプレス社から楽譜の出版もされている。

合図!

作・編曲

ラテンアレンジをベースに作品を提供。
特にビッグバンドのアレンジには定評がある。

HOME | LEADER